みなさんで様々な情報交換をしていただけます。

ご家族・サポーターの方々・関係者の方々もぜひ役立つ情報をお寄せください♪

投稿一覧

  1. aug29 :
    視覚障害者のための生活用具展示会
    2018年10月6日(土) 13時~16時・7日(日) 9時30分~16時
  2. haduki7 :
    入試のIT配慮シンポジウム―障害のある受験者のための入試配慮充実を目指して―
    2018年9月28日(金) 14時30分~18時00分(開場14時から)
    入試のIT配慮シンポジウム―障害のある受験者のための入試配慮充実を目指して―

    主催: 東京大学PHED 「障害と高等教育に関するプラットフォーム形成事業」(代
    表:近藤武夫)、文部科学省科学研究費「多様な障害のある受験者への合理的配慮を
    実現する試験出題システムの開発」(代表:南谷和範)

    日時: 2018年9月28日(金) 14時30分~18時00分(開場14時から)

    場所: 東京大学先端科学技術研究センター3号館南館1階 ENEOSホール

    定員: 150名
    参加申込はPHEDイベントページ
    https://phed.jp/contents/event/241/
    から、申込フォームへお進みください。

  3. haduki7 :
    ACジャパンテレビCM広告:その危険みえてますか(全国キャンペーン)
    https://www.ad-c.or.jp/campaign/self_all/self_all_01.html
    視覚障害者が外でぶつかるモノと言えば、車や点字ブロック上の障害物でしたが、スマホの普及とともに人との接触事故が増えています。視覚障害の方が注意をはらって歩くとき、赤信号やホームの端の位置には気付く事が出来ても、歩きスマホで向かってくる人だけは避けられないのです。日本盲人会連合の調べによると、非常に多くの歩きスマホとの接触事故があることを知り、いま伝えるべきニュースとして取り上げました。ナレーションは草彅 剛さん。
  4. green :
    すばる望遠鏡3D模型 ウェブサイト
    アクセス: http://prc.nao.ac.jp/3d/index.html
    3Dプリンタ用ファイルをダウンロードしたり、模型の解説を読んだりできます。
  5. ティラミスプリンtp :
    幸せの黄色いたすきその後
    https://readyfor.jp/projects/16265
    メディア掲載参考URL
    点字毎日:神奈川の女性が考案、困った時の「黄色いたすき」 普及目指しネットで
    募金 – 毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20180607/ddw/090/040/012000c

    幸せの黄色いたすき | シンガーソングライター板橋かずゆき
    https://ameblo.jp/itakazu/entry-12374438923.html

    幸せの黄色いたすき」クラウドファンディングにご協力を: 草の実通信
    http://r-mado.sblo.jp/article/183131408.html

    News Up 幸せの黄色いたすき | NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180611/k10011472141000.html

  6. ティラミスプリンtp :
    日本福祉のまちづくり学会 身体と空間特別研究委員会セミナー 「みること・きくこと・さわること」に関する基礎講座(鹿島建設)
    2018年7月14日(土)13:30~17:45
    =====
    日本福祉のまちづくり学会 身体と空間特別研究委員会セミナー「みること・きくこと・さわること」に関する基礎講座
    2018年7月14日(土) in 盛岡(岩手県立大学)
    1. セミナーの趣旨
    公共交通機関や公共施設のバリアフリー化といえば、従来は、床面の段差をなくすことや昇降設備の設置などを意味していました。さらに、近年では、光環
    境(視環境)や音環境の整備に関する問題も指摘されるようになってきており、国土交通省では「公共交通施設のバリアフリーガイドライン」の改正に向け「見え方・聴こえ方、感覚WG」などで課題を検討し始めています。
    このような動向を契機とし、日本福祉のまちづくり学会「身体と空間特別研究委員会」では、ひとの感覚と空間の関係性に関する本質的な議論を重ねてきました。2016年に東京、昨年には浜松において公開セミナーを開催し、この度盛岡で開催することとなりました。本セミナーでは、視覚や聴覚、触覚のメカニズムとそれを使った空間認知や移動に関する話題を提供いたします。
    バリアフリーデザインに携わる方々はもちろん、介護や福祉に関わるみなさん、高齢者や子どもに関することを学ぶ学生の皆様にもぜひ聴いていただきたい内容です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
    (本セミナーは建築CPD単位を予定しています)。
    2. 主催等(予定)
    主催:一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会 身体と空間特別研究委員会
    共催:岩手県立大学 社会福祉学部
    一般社団法人 日本福祉のまちづくり学会東北支部
    後援:岩手県(予定)、盛岡市(予定)
    公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団(予定)
    3. 開催日時と場所
    日時:2018年7月14日(土)13:30~17:45
    会場:岩手県立大学 アイーナキャンパス
    岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1 いわて県民情報交流センター(アイーナ)7階
    http://www.aiina.jp/access/access.html
    4.受講料:無料
    定員:40名(申し込み先着順)
    ●お申込みフォーム
    https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfsqAZ4j1tEmSOmEhRgvL34LYrc_qIj732LGDT8ff16SNnRTQ/viewform
  7. むらちゃん9788 :
    気圧予報で体調管理 - 気象病・天気痛対策アプリ「頭痛ーる」
    気圧予報で体調管理 – 気象病・天気痛対策アプリ
    このAppは、iOSデバイス向けApp Storeでのみ利用可能です。
    https://itunes.apple.com/jp/app/%E9%A0%AD%E7%97%9B%E3%83%BC%E3%82%8B/id602991338?mt=8
    説明

    <頭痛ーるでできること>
    – 頭痛予測:気圧グラフとプッシュ通知で頭痛を予測
    – 全国マップ:全国主要都市の気圧予報と天気予報をチェック
    – 痛み&くすり記録:痛みの発生とくすりの服用をかんたんに記録
    – 痛みノート:記録一覧表示で傾向をチェック

  8. tuizen :
    障害児にデジタル教科書 改正学校教育法が成立
    2018年06月05日福祉新聞編集部
    http://www.fukushishimbun.co.jp/topics/19107
     小中高校でタブレット端末などを使った「デジタル教科書」の使用を認める学校教育法改正案が5月25日、参議院本会議で全会一致で可決、成立した。
    視覚障害や発達障害などで通常の学習が困難な児童生徒は、教育課程のすべてで使用できるようになる。施行は2019年4月1日。
    デジタル教科書は無償ではなく、自治体の方針によっては保護者の費用負担が生じる可能性がある。
    このため、衆院、参院の付帯決議で、義務教育段階では将来的な無償化を検討すること、障害のある児童生徒に必要な財政上の措置を行うことを政府に求めた。
    現行法では紙の教科書の使用が義務付けられているが、文部科学省は、紙の教科書と同一内容のデジタル教科書を、次期学習指導要領の全面実施が始まる20年度に本格導入する方針だ。
  9. iceくりいむ :
    本気で活動したい障害のあるアーティストを求む!
    前期 2018年8月 5日(日)~10日(金) 後期 2018年8月12日(日)~17日(金)
    日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)
    パフォーミング・アーツ サマースクール2018

    本気で活動したい障害のあるアーティストを求む!
    日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)では、
    ダンス・音楽・演劇などの舞台芸術活動を実践している障害のある方を対象とした
    6日間の連続プログラム「サマースクール2018」を、8月に大阪府堺市で開催します。
    「プロのダンサーやミュージシャン、俳優、パフォーマーになりたい」、
    「指導者として活躍したい」、「もっとレベルアップしたい」など、
    本気で舞台芸術活動を続けたい方を募集します。
    2020年の大舞台にむけてアーティストを発掘!
    当財団では、2020 年に開催予定の「国際障害者舞台芸術祭(仮称)」に向けて、
    障害のあるアーティストの発掘と育成を実施しています。
    今年3月にはシンガポールで開催された アジア太平洋障害者芸術祭「TRUE COLOURS FESTIVAL」に、
    公募で選ばれた障害のあるアーティストたちが出演し、パフォーマンスを披露しました。
    このサマースクールが大きな舞台へのきっかけになるかもしれません。
    トップアーティストたちの指導でレベルアップ!
    国内外で活躍するアーティストたちが、本気のレッスンでみなさんのレベルを引き上げます。
    技術だけではなく、アーティスト活動に必要な知識やセルフマネージメントも勉強します。
    参加費無料!交通費と宿泊費を支給で経済的な負担が軽くなります
    サマースクールの参加費は無料です。全国から才能のあるアーティストを発掘するために、
    交通費、宿泊費(ビッグ・アイの宿泊施設を利用)などを当財団が支給します。
    募集要項
    日程
    前期 2018年8月 5日(日)~10日(金)
    後期 2018年8月12日(日)~17日(金)
    ※各期とも6日間のプログラムで、最終日には各コースの発表会をおこないます
    会場
    国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
    〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
    料金
    無料 ※事前申込制で講師などの選考で決まります
    定員
    各期・各コース 7名 ※コースは「ダンス」「演劇」「音楽」
    応募条件
    ダンス、演劇、音楽(楽器、歌)の各分野で活動する16歳以上の障害のある方
    ※宿泊は相部屋となる場合があります。共同生活が難しい場合はご相談ください
    ※会場へ毎日通える方は宿泊する必要はありません
    ※会場までの介助が必要な場合は、介助者の同伴がご自身で手配可能なこと
    ※未成年の場合は、保護者の同意が得られること
    ※性別、障害の種別は問いません
    ※前期もしくは後期の全日程に参加が可能であること
    内容
    「ダンス」「演劇」「音楽」のコースに分かれてレッスンをします。
    希望したコースのレッスンのほかに、「表現力」や他のコースのレッスンも体験してもらいます。
    現役のプロの障害者アーティストによるセルフマネージメントなどの講義もあります。
    最終日には成果発表として、小作品を多目的ホールで披露してもらいます。
    講師
    金井ケイスケ    サーカスアーティスト/前期・後期共通表現力クラス
    松永貴志      ピアニスト/前期・後期音楽コース
    鈴木ユキオ     コンテンポラリーダンサー/前期ダンスコース
    山口茜       劇作家、演出家/前期演劇コース
    DAZZLE(ダズル) ダンスカンパニー/後期ダンスコース
    リーガン・リントン 劇団PHAMALY(ファマリー)アーティスティック・ディレクター/後期演劇コース
    申込み
    ホームページにある応募フォームよりお申込みください。6月30日(土)締切
    http://dita-pa.jp/summerschool-2018/
    [活動案内]→[サマースクール2018大阪・堺]→応募方法
    ※ホームページでの申込みが難しい方は、お問合せください
    ※選考の結果は、7月上旬に連絡します

  10. むらちゃん9788 :
    iPhoneのVoiceOverで文字を入力する(YouTube)
    iPhoneのVoiceOverで文字を入力する
    https://www.youtube.com/watch?v=Ro8b8_DMurs
  11. start1157 :
    著作権法の一部を改正する法律の概要(pdf)
  12. トマト1119 :
    デジタル化・ネットワーク化の進展や障害者の情報アクセス機会の拡充等に対応した改正著作権法が成立
    国立国会図書館サイトより
    http://current.ndl.go.jp/node/36038
    デジタル化・ネットワーク化の進展や障害者の情報アクセス機会の拡充等に対応した改正著作権法が成立
    Posted 2018年5月23日
    2018年5月18日、第196回通常国会の参議院本会議で、著作権法の一部を改正する法律が可決され、成立しました。

    改正の概要は次のとおりです。

    (1)ビッグデータを活用したサービス等のための著作物の利用を許諾なく行えるようにする。また、情報通信技術の進展に伴い新たな著作物の利用方法が生まれた場合にも柔軟に対応できるよう、ある程度抽象的な規定を整備する。

    (2)学校等の授業や予習・復習用に、教師が他人の著作物を用いて作成した教材をネットワークを通じて生徒の端末に送信する行為等を、著作権者に相当の額の補償金を支払うことで許諾なく行えるようにする。

    (3)2018年4月25日に参議院本会議で承認されたマラケシュ条約締結に向けて、現在視覚障害者等が対象となっている規定を見直し、肢体不自由等を含めた障害を持つ者のために録音図書の作成等を許諾なく行えるようにする。

    (4)美術館等の展示作品の解説・紹介用資料をデジタル方式で作成し、タブレット端末等で閲覧可能にすること等や、国立国会図書館による外国の図書館への絶版等資料の送付を許諾なく行えるようにする。また、著作権者不明等の場合に国及び地方公共団体等が文化庁の裁定制度を利用する際、補償金の供託を不要とする。

    施行期日は、2019年1月1日です。ただし(2)については、公布の日から起算して3年を超えない範囲内において政令で定める日となります。

  13. トマト1119 :
    4月25日、マラケシュ条約が国会で承認されました
    参議院議案情報http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/gian/196/meisai/m196200196001.htm
    議案要旨
    (外交防衛委員会)
    盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約の締結について承認を求めるの件(閣条第一号)(衆議院送付)要旨
    この条約は、視覚障害者等が著作物を利用する機会を促進するため、利用しやすい様式の複製物に関する国内法令上の制限及び例外、利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換等について定めるものであり、二〇一三年(平成二十五年)六月にマラケシュで開催された外交会議において採択され、二〇一六年(平成二十八年)九月三十日に発効した。
     この条約は、前文、本文二十二箇条及び末文から成り、主な内容は次のとおりである。
    一、この条約の適用上、「著作物」とは、文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約第二条(1)に規定する文学的及び美術的著作物であって文字、記号又は関連する図解の形式によるものをいう。
    二、この条約の適用上、「利用しやすい様式の複製物」とは、受益者に著作物を利用する機会を与える代替的な方法又は形式による当該著作物の複製物をいう。利用しやすい様式の複製物は、専ら受益者によって利用されるものであり、また、受益者のニーズを十分に考慮した上で、原著作物の完全性を尊重するものでなければならない。
    三、この条約の適用上、「権限を与えられた機関」とは、政府により、受益者に対して教育、教育訓練、障害に適応した読字又は情報を利用する機会を非営利で提供する権限を与えられ、又は提供することを認められた機関をいう。
    四、受益者は、(a)盲人である者、(b)視覚障害又は知覚若しくは読字に関する障害のある者であって、印刷された著作物をそのような障害のない者と実質的に同程度に読むことができないもの、(c)身体的な障害により、書籍を持つこと若しくは取り扱うことができず、又は目の焦点を合わせること若しくは目を動かすことができない者、のいずれかに該当する者である。
    五、締約国は、受益者のために著作物を利用しやすい様式の複製物の形態で利用可能とすることを促進するため、自国の著作権法において、複製権、譲渡権及び公衆の利用が可能となるような状態に置く権利の制限又は例外について定める。
    六、締約国は、利用しやすい様式の複製物が作成される場合には、権限を与えられた機関が、当該利用しやすい様式の複製物を他の締約国の受益者若しくは権限を与えられた機関に譲渡し、又は他の締約国の受益者若しくは権限を与えられた機関の利用が可能となるような状態に置くことができることを定める。
    七、締約国の国内法令は、受益者等又は権限を与えられた機関が著作物の利用しやすい様式の複製物を作成することを認める範囲において、権利者の許諾を得ることなく受益者のために利用しやすい様式の複製物を輸入することを認めるものとする。
    八、締約国は、権限を与えられた機関が相互に特定することを支援するための情報の自発的な共有を奨励することにより、利用しやすい様式の複製物の国境を越える交換を促進するよう努める。
    九、締約国は、総会を設置する。総会は、この条約の適用及び運用に関する問題を取り扱う。
    十、世界知的所有権機関国際事務局は、この条約の管理業務を行う。
  14. clip756 :
    視覚障害者への声かけの道具「幸せの黄色いたすき」
    駅のホームに視覚障害の方が落ちる事故が多いことを聞いて、周囲の人が声をかけるかどうか迷いそうな時に声をかけやすくするためのものです。
    https://readyfor.jp/projects/16265
  15. 15いちご :
    視覚障害者向けタブレット&スマホ利用ガイド
    アマゾンから配信。
    プレミア会員と読み放題契約の方は無料、一般は100円です。
    「障害者パソコン研究会」で検索すると、PDF版とテキスト版と2冊表示されますが、本のタイトルには、「みえない人・みえにくい人向けタブレット&スマホ利用ガイド(読み上げ対応版)」と明記しています。
    https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%BA%E3%83%BB%E3%81%BF%E3%81%88%E3%81%AB%E3%81%8F%E3%81%84%E4%BA%BA%E5%90%91%E3%81%91-%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%EF%BC%86%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89-%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A-ebook/dp/B07BDGYPRD
  16. azuki168 :
    東京オリパラでの情報支援求める
  17. ライフ849 :
    見えなくても「観戦」したい 広島カープも支援の手
  18. むらちゃん9788 :
    図書利用の促進求める「視覚障害者向け支援を」
  19. konohana416 :
    見えることの大切さを考える「見えるを見つめる。」
    見えることの大切さを考える「見えるを見つめる。」プロジェクト始動!
    ウーマンNS
    バイエル薬品株式会社は、見えることの大切さを訴求することで、人々の目の健康への意識を行動へとつなげて欲しいとの思いから立ち上げた「見えるを見つめる。」プロジェクトを展開しています。
    その一環として、今年6月に没後50年を迎えるヘレン・ケラーのエッセイ「Three Days to See」を元に制作したオリジナル動画「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」を特設サイト「見えるを見つめる.com」にて公開。合わせてこれを記念し、プロフィギュアスケーターの織田信成さんなどのゲストを招いた発表イベントが開催されました。
    見えることの大切さを改めて感じられる動画
    発表された動画は、盲ろう者であったヘレン・ケラーが生きたニューヨークが舞台。「もし私の目が三日間だけ見えるとしたら」という仮定のもと、見てみたいものを挙げていき、それに対する彼女の想いを綴るという内容になっています。
    バイエル薬品がこれまでに実施した意識調査(※)では、一般の人々が「目の健康に対する高い意識を持っている」にも関わらず、「目の健康を守る行動が十分に取られていない」という現状が明らかになっています。
    そこで、より多くの人々が見えることの大切さを改めて実感し、目の健康への意識を保つことにより、目の健康を守る行動へとつなげてほしいと考え、本動画は制作されました。
    動画には、ヘレン・ケラーが描写する美しい世界と示唆に富むメッセージを多くの人に視聴してもらい、目の健康の大切さを再確認してもらいたいという願いが込められています。
    「見えるを見つめる。」を考えるトークショー
    動画の上映後には「見えるを見つめる。」をテーマに、プロフィギュアスケーターの織田信成さん、暗闇のソーシャル・エンターテインメントである「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の理事であり、心にトラブルを抱えるバースセラピストでもある志村季世恵さん、理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクトのプロジェクトリーダーである高橋政代先生の3名によるトークショーが行われました。
    動画を観ての感想として、「ヘレン・ケラーは、私たちが目で見ていることよりもさらに多くのことが実は見えていたのかもしれない。心の目で見て感じていることが多いと思う」と志村さん。
    「見えることで満足してしまっている、日々のさりげない出来事や感情の機微をもっと見て、感じて、勉強することが、見える私たちに今、大切なことなのではないか」と織田さんも語りました。
    続けて「ヘレン・ケラーは見えないけれども、見えない世界は暗黒ではないということがこの動画を見てわかる。視覚障害の人が実は豊かでキレイな世界を見ているということを知り、理解してもらえれば」と高橋先生。
    自分の目が見える、ということの大切さを改めて感じることはもちろん、目が見えない人の世界や心も想像することができ、見ることの素晴らしさを考えさせられる動画。さらに目の健康を守るよう、意識するきっかけとなってくれるはず。ぜひ大切な家族や友人と一緒に観てみてはいかがでしょうか。
    【参考】
    ※見えるを見つめる.com
    https://mierumitsumeru.com
    ※最新の調査結果
    https://byl.bayer.co.jp/html/press_release/2016/news2016-08-02.pdf
    ここまで
  20. むらちゃん9788 :
    形でわかるエアコンのリモコンを開発中
    日テレニュース24より
    http://www.news24.jp/articles/2018/04/10/07390130.html
    エアコンのリモコン。どうやって使うかわかりますか?実はこれ、視覚障害者の声を
    もとに作られています
    横に並んだ長方形の一方をずらすと「電源」オン。形の違いでオンとオフを確認する
    ことができます。「モード切替」は、三角形のどこにつまみの位置があるかで判断。
    つまみを動かすことで冷房、暖房、ドライに切り替えることができます。
    「温度」はジグザグのメモリを動かすことで、1℃ずつ上げたり下げたりと、調整す
    ることができます。「風量」は金属の棒に通したボールの位置で決定。ボールを右に
    動かすと風量が強くなります。
    「風向き」は、エアコンと同じような形の羽根の部分を動かすことで調整。「タイ
    マー」は時計の形になっており、針を動かして設定します。
    操作部の形、位置、動きで、誰でも直感的に操作できるこのリモコン。制作したのは
    三菱電機の若手社員によるプロジェクトチームです。電化製品が使いづらいという視
    覚障害者たちの声を受け、障害者はもちろん、機器の操作に不慣れな人でも、誰でも
    操作できるリモコンを開発することになりました。
    プロジェクトチームの3人は、横浜訓盲学院に10か月通い、生徒たちの声を開発に
    反映させていったそうです。
    「リモコンに対して手が伸びなかった生徒さんたちが、自ら笑顔でさわりにいって
    るっていうのが、一番印象的でした」(三菱電機 デザイン研究所 前谷さん)
    誰でも直感で操作できるリモコン。今回はエアコンのリモコンとして形になりました
    が、三菱電機では、さまざまな製品での活用も検討しているそうです。
  21. sakura456 :
    タンデム、4月から公道OK 視覚障害者「風を切る」感覚 山梨県警が体験会
    http://www.sankei.com/region/news/180228/rgn1802280017-n1.html
    産経ニュースより
    記事ここから
    ■外国人にも需要…観光振興に期待
     県の道交法施行細則の改正で、4月から2人乗りの「タンデム自転車」が県内の公道で走行できるようになるのを前に、県警は27日、南アルプス下市高砂の県総合交通センターで「乗り方体験会」を開いた。
    後部座席でペダルをこぎ、自転車が運転できるようになる視覚障害者らが参加。警察官から交通ルールや運転の注意点などの指導を受けた。市町村の関係者も観光への活用に期待感を示した。
     県警交通企画課によると、県内ではタンデム自転車の走行が自転車専用道路だけで認められていたが、県視覚障害者福祉協会や県自転車競技連盟などの要望を受け、細則を見直した。
    全国では今月1日現在で、大阪府、静岡県など16府県で実施している。
     27日の県警説明会には、市町村の職員や視覚障害者ら約50人が参加。警察官が歩道の走行ができないなど交通ルールを指導。
    カーブで小回りが利かず、2人でこぐためにスピードが出やすいなど、通常の自転車と異なる特徴を説明し、注意を喚起した。
     県視覚障害者福祉協会の堀口俊二会長(70)=甲斐市亀沢=は「車で行くには近い場所にも家族や友人のサポートで行けるようになり、生活の利便性が上がる」と話した。
    南アルプス市桃園のしんきゅう師、東條芳彦さん(61)も「23歳で目が不自由になって以来、初めて『風を切る』感覚を体験した。楽しい」と笑顔を見せた。
     一方、多くの外国人観光客が訪れる富士北麓の市町村もタンデム自転車への関心が高い。
     道志村総務課の池谷莉菜さん(26)は「東京五輪の自転車ロードレースで村内を通る可能性があり、観光客が増える。タンデム自転車の需要があるかもしれない」と期待感を示した。
    富士河口湖町地域防災課の外川雄一郎さん(30)も「外国人の家族連れに需要があるかもしれない。事故防止の注意点を学ぶことができる」と話した。
    記事ここまで
  22. sakura456 :
    『R-1ぐらんぷり』濱田祐太郎が優勝 ほぼ盲目の漫談家が過去最多3795人の頂点に
    毎年恒例の“ひとり芸日本一”を決める『R-1ぐらんぷり2018』決勝戦が6日、東京・台場のフジテレビで行われ、濱田祐太郎(28)が王座に輝いた。過去最多となるエントリー3795人の頂点に立ち、賞金500万円を受け取った。
    https://www.youtube.com/watch?v=glcriLb-qME&feature=youtu.be
  23. kinako256 :
    手でみるアート展9
    2/9(金)~2/13(火)10時~17時
    2/9(金)~2/13(火)10時~17時 入場無料 じゅうろく てつめいギャラリー
    (旧十六銀行 徹明支店 岐阜市徹明通1-3 電話058-262-0116)
    すべての作品を手でふれることができるユニークな美術展。木、石、金属、陶、紙な
    どの立体作品や絵画を、地元の作家、岐阜盲学校などの協力を得て展示します。
    視覚に頼りがちな現代社会の中で、忘れていた感覚を呼びさましましょう。

    企画 NPO法人アートの駅
    http://www.artstation.jimdo.com
    電話090-2922-3946(小澤)

  24. kinako256 :
    「読書バリアフリー法セミナー」開催のご案内
    2018年3月10日(土) 13:30~16:00
    日時:2018年3月10日(土) 13:30~16:00

    場所:日本盲人福祉センター(日本盲人会連合)
    〒169-8664 東京都新宿区西早稲田2-18-2
    電話:03-3200-0011(代表)

    主催:日本盲人会連合 DPI日本会議 全国盲ろう者協会 弱視者問題研究会

    プログラム:
    13:00 受付開始
    13:30~13:40 開会、主催者挨拶
    13:40~14:20 基調報告「マラケシュ条約と著作権法、読書バリアフリー法」
    弱視者問題研究会 宇野和博
    14:20~14:50 講演「視覚障害者の立場から読書バリアフリー法に期待すること」
    枚方市立中央図書館 服部敦司氏

    (10分間 休憩)

    15:00~15:20 意見発表 NPO自立生活センター「くれぱす」事務局長 見形信子氏
    15:20~15:50 質疑応答・フリーディスカッション
    15:50~16:00 閉会

    参加費: 無料

    お問い合わせ・申し込み先
    全国盲ろう者協会
    下記事項をご記入の上、メールでお申し込みください。

    (記載事項)
    1.氏名・ふりがな
    2.電話番号
    3.メールアドレス

    ※ 以下は該当する場合のみご記入下さい。
    4.資料種別:点字(当日配布、電子データ(事前送付)
    5.情報保障:手話通訳・パソコン要約筆記
    ※ 盲ろう者で、パソコン要約筆記を手元のパソコンでご覧になる場合は、その旨申
    し込み時に記載願います。なお、パソコン・LANケーブルをご持参ください。
    ※会場は座席のみとなります。通訳方法の関係で、机が必要な場合もお申し出くださ
    い。
    6.同行者の有無・人数
    7.車椅子スペース
    8.駅での待ち合わせ:高田馬場駅早稲田口(12:45)、西早稲田駅1番出口
    (13:00)

    尚、定員80名となり次第、締切とさせていただきます。

    会場までの交通:
    高田馬場駅早稲田口から徒歩15分
    早稲田口の改札を出て階段を数段下り、右に曲がって駅の外に出ます。正面の信号を
    渡って早稲田通りを500メートル程進み、明治通りとの交差点(馬場口交差点)を
    渡って右に曲がります。100メートル程進み、自転車店と高田馬場アクセスの間の
    1本目の路地を左に曲がって、100メートル程先の左手にある3階建ての建物で
    す。

    西早稲田駅1番出口から徒歩3分
    池袋寄りのエスカレーターを上り、北改札を出ます。そこから1番出口を出て右に曲
    がり、自転車店と高田馬場アクセスの間の1本目の路地を右に曲がって、100メー
    トル程先の左手にある3階建ての建物です。

  25. senryu2017 :
    ロービジョン・ブラインド川柳コンクールのお知らせ
    募集期間:2017年12月1日〜2018年1月31日
    このコンクールは「目に障がいがある方」が日々感じていらっしゃる日常の出来事を川柳で表現することで、当事者の方だけでなく社会全体で共感出来ることを目的としております。

    普段から思っていてもなかなか言えないことを川柳で表現することで、自分と周囲の相互理解を深めるきっかけにしてもらいたい。また、川柳にユーモアのエッセンスを加えることで、自分の気持ちも前向きにしてもらえれば、という思いを込めています。
    視覚障害に因んだテーマを、それぞれの視点で川柳にしてご応募ください。
    http://lv-senryu.com/

  26. city357 :
    12/23 視覚障害児向けワークショップ
    2017年12月23日(土・祝)
    https://origami.qloba.com/activities/1152
    視覚に障害のあるお子さんとそのご家族を対象とした、おりがみワークショップを開催します。
    クリスマスイブの前日、おりがみでクリスマスの準備をしてみませんか?
  27. 山ちゃん7057 :
    視覚障害とプログラミング教育
    下記ホームページで、総務省による平成29年度の
    「若年層に対するプログラミング教育普及推進事業」
     ~「障害のある児童生徒を対象としたプログラミング教育実施モデル実証事業」
    の一つとして実施する、視覚障害者を対象とした実証事業の内容を紹介しています。
    http://www.sciaccess.net/wp/
  28. skuto2002 :
    映画「もうろうを生きる」の上映予定
    2017年11月11日(土)から17日(金)
    下高井戸シネマ(東京都世田谷区松原3-27-26)で、今日(11日)から17日(金)まで上映されるようです。
    いずれも午前10時~11時35分の毎日1回上映です。
    【映画の内容】
    全国に暮らす目が見えず耳も聞こえない盲ろう者の日常に密着。障がいを抱えながら日本で初めて大学進学を果たした東京大学の福島智教授をはじめ、指で触れあう事で世界とつながる盲ろう者たちを優しい眼差しで捉えたドキュメンタリー。
    日本語字幕バリアフリー上映、西原孝至監督による「UDキャスト方式音声ガイ ド」に対応しているとのことです。
    ※スマートフォンや携帯端末の専用アプリを利用した、視覚障がい者用音声ガイドです。 専用アプリから音声データをダウンロードし、イヤホンを使ってご利用いただけます。
    下高井戸シネマは、京王線・東急世田谷線「下高井戸」駅徒歩2分。ビルの2階にあります。(1階は美容院と歯科医院)
    http://www.shimotakaidocinema.com/gekijo/top.html
    チケット料金は一般1600円ですが、下高井戸シネマのウェブサイトによると、火曜日はだれでも1000円、また障害者手帳提示ならどの日も1000円になるようです。
  29. mikka0458 :
    茨城県自然博物館・さわる展示「ハートフルミュージアム」
    平成29年11月23日(木)12月10日(日)の開館日
    海の生き物に触れるタッチングプールや、匂い当てクイズ・動物の鳴き声当てクイズなど五感をフルに使って楽しめる展示です。
    今年は11/23(木)~12/10(日)。
    詳細は以下をご覧ください。
    常設展示室には、知人のブラインドの方にも好評だった、視覚障害者向け音声ガイダンスシステムもあります。
    さわれる展示「ハートフルミュージアム」
    日時 平成29年11月23日(木)~12月10日(日)の開館日
        午前9時30分~午後5時まで(開館時間)
    場所 ミュ-ジアムパ-ク茨城県自然博物館
    HPアドレス
    https://www.nat.museum.ibk.ed.jp/
    企画展示室
    入館料 自然博物館 常設展入館料に含む
        ※障害者の方は入館無料(障害者手帳提示),障害者の付添の方は1名まで無料
    展示予定 さわれる資料を中心に展示
    (1) 動物関係
      ① 鳥類模型(バードカービング)
    ② 哺乳類,鳥類の骨格や羽
    ③ 哺乳類の毛皮
      ④ 昆虫拡大模型
      ⑤ 動物の声当てクイズボックスなど
    (2) 植物関係
      ① 木のタッチング,木のパズル
      ② いろいろな実(拡大模型,実物)
      ③ 匂いのする植物 など
    (3) 地学関係
    ① いろいろな化石(古生代・中生代・新生代の化石:三葉虫,アンモナイト,恐竜のふん等)
    ② 隕石(ギベオン隕石など)
    ③ 鉱物(水晶・緑柱石・電気石)など形の似た標本,さわって特徴のある鉱物など
    (4) タッチングプール
    タッチング水槽を使い,魚類など海の生きものにさわる
       実施時間:11:00~12:00,14:00~15:00
    情報は以上です。
  30. えすぷれっそ :
    視覚障害の認定基準に関する検討会審議会資料
  31. hiehie32 :
    厚労省で視覚障害の認定基準検討会を開催
  32. jim152 :
    奈良県「さわって楽しむ体感展示」
    2017年2月4日(土曜日)~12日(日曜日)
    奈良県では、来年9月1日から11月30日までの期間、「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」を全国で初めて一体開催します。
    そのプレイベントとして、「さわって楽しむ体感展示」を開催いたします。
     “見る”鑑賞ではなく、“さわる”鑑賞を中心とした展覧会。カタチをさわって、奈良をさわって、新たな発見をしてみませんか。視覚に障害のある人もない人もきっと楽しめます。入場無料。
    日時  2017年2月4日(土曜日)~12日(日曜日) ※6日(月曜日)は休館日
    9時~18時 ※最終日12日(日曜日)は16時まで
    場所  奈良県文化会館 展示室E(奈良市登大路町6-2)
    主催  第17回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、奈良県
    その他  全盲の「触る絵画」アーティスト光島貴之氏によるワークショップを11日(土曜日)14時から開催。
    参加無料。要申込。先着20名。2月7日(火曜日)必着。
    対象年齢:小学校高学年以上
    ※詳細はHPを参照
    http://www.pref.nara.jp/item/171610.htm
  33. jin1278 :
    Android版歩行支援アプリのご紹介
    認定NPO法人ことばの道案内でAndroid版のアプリを無料で公開。
    ぜひ、ご活用下さい。
    このアプリは視覚障害者向けですが、画像地図を読むのが苦手な方や下肢障害の方が点字ブロックを避けるメリットもあります。
    ウォーキングナビの読み上げを行うスマトフォンアプリ(アンドロイド版)の提供を開始しました。
    Google Playストアからインストール(無料)することができ、手順は以下のとおり
    です。
    1.音声読み上げ用に「N2 TTS」をGoogle Playストアからインストールし、利用可能にします。
    「N2 TTS用追加声質データ(女声A)」、「N2 TTS用追加声質データ(男声A)」を追加インストールします。
    2.ことばの道案内アプリ「kotonavi」をGoogle Playストアからインストールします。
    なお、詳細の利用方法はこちら
    http://www.walkingnavi.com/application_info.php
  34. jijiko :
    時事通信: 企業で働く障害者、47万人=今年、13年連続で最高-厚労省
    厚生労働省は13日、2016年6月1日時点の障害者雇用状況を発表した。民間企業で働く障害者は前年比4.7%増の47万4374人となり、13年連続で過去最高を更新した。全従業員に占める障害者の割合を示す雇用率も0.04ポイント上昇の1.92%と最高だった。
     障害者雇用促進法で義務付けている法定雇用率(2.0%)を達成した企業の割合は48.8%で、前年から1.6ポイント上昇した。厚労省は「企業の理解が進んで障害者の採用が拡大し、就労を希望する障害者も増えている」(障害者雇用対策課)と分析している。
     企業規模別で見ると、大企業ほど障害者の雇用率が高く、従業員1000人以上は2.12%、500人以上~1000人未満は1.93%と、全体の平均を上回った。
     雇用者の内訳は、身体障害者32万7600人(2.1%増)、知的障害者10万4746人(7.2%増)、精神障害者4万2028人(21.3%増)で、精神障害者の伸びが目立った。(2016/12/13-15:32)
  35. mikka0458 :
    「横浜読書百貨展」のご案内
    2016年11月23日(水・祝)午前10時~午後4時
    「横浜読書百貨展」
    横浜市読書活動推進ネットワークフォーラム
    読む・知る・つながる ~ 読書との出会い ~
    日時:2016年11月23日(水・祝)午前10時~午後4時
    会場:横浜市開港記念会館(横浜市中区本町1丁目6番地)
    アクセス:
    http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html
    主催:横浜市教育委員会(生涯学習文化財課/指導企画課/中央図書館)
    入場無料
    「横浜読書百貨展」詳細URL:
    http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/library/event/reading-forum/
  36. タカチョリーヌ :
    放送アクセシビリティ・シンポジウム
    日時 2016年10月28日(金)午後1時~5時
    アメリカ盲人協議会 ジョエル・スナイダー博士を迎えて開催されます。
    http://www.normanet.ne.jp/~housou/seminar/20161028/index.html
  37. popek29 :
    歩行ガイド録音アプリ「ナビレコ」のご案内
    「ナビレコ」は歩行ガイドの録音と再現をおこなう、 視覚障害者向けの無料のiPhoneアプリです。
    http://www.amedia.co.jp/product/smartphone/app/navirec/index.html
  38. chiyocco :
    斜めでも読み取れる「QRコードリーダー for iPhone」
    アプリを起動したら、スマホを読み取りたいQRコードの上にかざしましょう。このとき、スマホの角度が斜めになってしまっても大丈夫!
    詳しくはコチラ
    http://ck.biglobe.ne.jp/c/270ywy34v5v74vvg7k
  39. みつ0501 :
    妊婦は要注意
    【妊婦は要注意】蚊を介して感染するジカ熱が世界で流行中!海外渡航予定者は
    以下ページより渡航先の状況確認をお願いします。(厚生労働省)
    http://ck.freeml.com/rd.php?cid=11041
  40. おーしゃん :
    ◎映画にバリアフリー時代 情景描写の音声ガイド付き
    話題のニュース:中日新聞(CHUNICHI Web)
    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016072201000578.html
    ※以下、記事内容
    2016年7月22日 05時20分
    映画にバリアフリー時代 情景描写の音声ガイド付き
     目が見えない人向けにスマートフォンを通じて情景描写の音声ガイドが聞ける
    映画を、東映が初めて全国的に配給する。23日公開の人気アニメ「ワンピース」の劇場版。業界挙げてバリアフリー化に取り組んでおり、耳が聞こえない人のための字幕付きの準備も進む。障害がある人も劇場で鑑賞する機会が広がりそうだ。
     音声ガイドを利用するには、無料アプリ「UDCast」をあらかじめスマホやタブレット端末にダウンロードする必要がある。せりふの合間に場面を説明する音声ガイドが流れ、イヤホンで聞きながら映画を楽しむことができる。(共同)
  41. ☆ハル☆ :
    障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ
    障害者のウェブページ利用方法の紹介ビデオ
    http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2005/051215_1_wmv.html
    総務省では、ウェブアクセシビリティの必要性を多くの人に感じてもらおうと、
    2005年、障害者のウェブ利用方法を紹介するビデオを製作しました。
    それから10年以上たち、障害者のウェブ利用方法は多様化し、
    また障害者差別解消法の施行、ウェブコンテンツのアクセシビリティに関する
    JISの改正などを踏まえ、視覚障害者のビデオが更新されました。
    上記のページに行くと、全盲の方の紹介ビデオとロービジョンの紹介ビデオへの
    リンクがそれぞれ掲載されています。
    また総務省動画チャンネルでもご覧いただけます。
    全盲のウェブ利用紹介ビデオ(13分の大作)
    https://goo.gl/oijyZP
    弱視のウェブ利用紹介ビデオ(7分59秒)
    https://goo.gl/hH2wj1
    すでにご存じの通り、ウェブからの情報は障害者にとって不可欠なものです。
    ぜひ一度動画をご覧いただき、またお知り合いなどにご紹介いただけたらと思ます。
  42. moko91 :
    視覚障害者による視覚障害者のためのモバイルアプリ情報
    以下、専修大学・アクセシビリティプロジェクトからの情報です。

    A-apps(えーあっぷす)「視覚障害者による視覚障害者のためのモバイルアプリ情報
    サイト」を公開しました。
    えーあっぷす
    https://www.j-archives.net/aapps/
    http://www.j-archives.net
    アクセシブルなモバイルアプリケーションのレビューサイト
    ぜひご利用下さい。このサイトには、250以上のアプリが紹介されており、またこの
    サイトの利用は無料です。
    皆さま方からの感想、意見を書き込んでいただき、より良いものにしていきたいと考
    えています。
    宜しくお願いいたします。

  43. ポルナレフ9788 :
    WINDOWS10更新の注意点、消費者庁
    米マイクロソフトが提供する最新の基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」
    への更新について、消費者庁は22日、更新に関する注意点をまとめ、同庁のホームページで公表しました。
    消費者庁の公表資料は、
    http://www.asahi.com/articles/ASJ6Q4F4MJ6QUTFL006.html
  44. ちこちゃん☆ :
    ボートマッチ えらぼーと2016参院選
    以下抜粋引用
    ★毎日新聞ボートマッチ えらぼーと2016参院選
    本日から提供開始 スマホに最適化!
    http://vote.mainichi.jp/24san/
    本日公示された参院選(7月10日投開票)で、「毎日新聞ボートマッチ えらぼーと2016参院選」の提供を始めました。
    参院選の立候補者に行った毎日新聞のアンケートを基に、「えらぼーと」で立候
    補者と同じ質問に答えていくと、どの候補者が自分の考えと近いかが数値で示さ
    れます。選挙の争点や政治課題について考えたり、候補者の考えを把握したりで
    きるので、投票先を決める際の参考にしていただけます。
    「えらぼーと」は2007年の参院選で、日本のメディアとして初めて実施しました。
    以後、国政選挙などで計7回提供し、これまで延べ220万人が利用しています。

    今回は、画面や操作をスマートフォンに最適化しました。お手元のスマホで気軽
    に参加できます。もちろんパソコンやタブレットでもご利用いただけます。また、
    各設問のページにある「詳しく知りたい」ボタンを押すと、その項目の解説が表
    示されます。どうぞご活用ください。
    アドレスは
    http://vote.mainichi.jp/

  45. nene20114891 :
    新書体「UD デジタル教科書体」販売開始のお知らせ
    販売開始日時:2016年6月20日(月) 12:00(正午)
    販売開始日時:2016年6月20日(月) 12:00(正午)
    「UD デジタル教科書体」は、とても丁寧に設計された読みやすい印象の教科書体です(本日、某所でご一緒させていただいた弱視の方もパンフレットを見て絶賛されていました)。
    デジタル教科書のための新しい教科書体「UDデジタル教科書体」
    https://www.typebank.co.jp/feature/uddkyo/
  46. ういちゃん8421 :
    ブラインドメイク メーキャップ・アシスタント講座
    ブラインドメイクがNHKテレビの全国版「おはよう日本」で6月16日(木)放送されました.
    http://www.caremake.jp/?page_id=514
    6月8日にNHK静岡で放送された,ブラインドメイクに反響があり,
    今回,NHKテレビ「おはよう日本」でも放送されることになりました.
    化粧訓練士(研究生含む)は,現在,新潟,東京,静岡,愛知,三重,大阪,島根に配置予定.
    視覚障害者の支援者(視能訓練士,歩行訓練士,同行援護者など)に向けた「メーキャップ・アシスタント講座」も開催しております.
    2日間の講座で人気講座です.
    次回は,第4回となります.
    日時:平成28年7月16日,17日 午前10時から午後4時
    場所:愛知県名古屋市(日本福祉大学大学院名古屋キャンパス)
    関心のおありのかたは,下記のメールアドレスまでお問い合わせください.
    日本ケアメイク協会
    http://www.caremake.jp/
  47. まろん犬 :
    平成28年度 「青い鳥郵便葉書」贈呈のお知らせ
    平成28(2016)年4月1日(金)から同年5月31日(火)まで
    郵便事業会社(以下、郵便局と書きます)では、身体障害者及び知的障害者の福祉に対
    する国民の理解と認識を更に深めることを目的として、満6歳以上の重度身体障害者の方
    及び重度の知的障害者の方で希望される方に、青い鳥をデザインしたオリジナル封筒に通
    常郵便葉書をお入れして無料で差し上げます。
    お申し込み方法等
    1、
    配布の対象:
    ①重度の身体障がい者(1級又は2級の方)
    ②重度の知的障がい者(療育手帳に「A」(又は1度、2度)と表記されている方)
    (いずれも満6歳以上の方)
    2、
    受付期間:
    平成28(2016)年4月1日(金)から同年5月31日(火)まで。
     但し、郵便局の休業日は除きます。
    3、
    配布葉書は、次の3種類の中から1種類を選択。
    ①通常郵便葉書。
    ②同上(くぼみ入り)。
    ③インクジェット紙通常郵便葉書。
    4、
    配布枚数はお一人につき20枚。
    5、
    申し込み方法  
     「青い鳥郵便葉書」の配布を希望される方は、お近くの郵便局に身体障害者手帳、又は
    療育手帳を提示し、所定の用紙に必要事項を記入します。
     代理の方が申請されても結構です。
     視覚や手指に障害のある方の場合、職員に代筆を依頼できます。
     用紙は郵便局、福祉事務所に備え付けてあります。
    郵便による申し込み方法。
     この場合は、「青い鳥郵便葉書配布申込書」と明記した適宜な用紙に、手帳の種類、手
    帳番号、級別又は程度、住所又は居所及び氏名を記入して、住所、または居所を管轄する
    普通郵便局(集配業務を行う郵便局)あてに郵送します。
    6、
    配布の方法 
     4月20日以降、身体障害者の方及び知的障害者の方の住所又は居所を受け持つ集配郵
    便局から郵送します。
     または、4月20日以降に、住所又は居所を受け持つ集配郵便局に直接申し込まれた場
    合は、その場でお渡しします。
     くぼみ入り通常郵便葉書には、葉書の上下・表裏がわかるように、表側左下の一部に半
    円形のくぼみが入っています。
    【お問い合わせ先】 
    ●お近くの郵便事業会社(郵便局)。
  48. のんちゃん :
    ◎iPSから目の主要細胞 大阪大が作製、世界初
    社会:中日新聞(CHUNICHI Web)
    (以下抜粋)
     目のレンズに当たる角膜部分をウサギに移植し、機能させることにも成功。i
    PS細胞による機能的な角膜細胞作製は初めてとしており、けがや病気で傷つい
    た角膜再生の臨床研究実施を2016年度末にも学内倫理委員会へ申請する。
    (ここまで)
    とのことです。
    医学の進歩はすごいですね。
  49. まきみや1024 :
    視覚障害者支援の端末開発 - トヨタが試作
    【コロンバス(米オハイオ州)共同】トヨタ自動車は8日までに、目の不自由な人の生活を手助けするウエアラブル端末の開発を進めていると発表した。肩に装着することで、搭載したカメラや音声認識機能などを通じて周辺の状況を把握したり、トイレやエレベーターなど目的の場所へたどり着いたりするのが容易になるという。
    開発は、米国にあるトヨタ傘下の生産・技術統括会社が担当。現在は試作段階だが、実用化されれば、視覚障害者の生活支援に一役買う可能性がありそうだ。
    端末は、複数のカメラで周囲の環境を認識し、スピーカーの音や振動を通じて使用者に情報を伝達する。http://news.mynavi.jp/news/2016/03/09/179/
  50. のえくん4773 :
    iPhone等音声利用マニュアル
    以下のURLからご覧頂けます。
    http://home.hiroshima-u.ac.jp/ujima/epub/index.html
  51. ペコえいこ :
    米FDA、視覚障害関連許認可2件
    1)Brain Port
    光を味わう?日経サイエンス2009年12月号にて紹介
    舌で“見る”視覚障害者向け装置が登場
    http://japanese.engadget.com/2009/08/19/brainport/

    2015/6/18 米FDA,盲目患者が舌によって視覚シグナルを> 処理するための補助デバイスBrainPort V100の市場化を許可

    2)ArgusII
    人工網膜システム
    http://www.afpbb.com/articles/-/2928330
    2016/2/14 米FDA、人工網膜システム「アーガスII」を認可

  52. ぱんだ5 :
    佐川美術館で「佐藤忠良(さとう ちゅうりょう) 触ることから始めよう」 開催中
    4月10日(日)まで
    滋賀県守山市にある佐川美術館の佐藤忠良館では、世界的に高い評価を得ている彫刻
    家・佐藤忠良氏の創作活動を紹介しています。
    約150点の所蔵作品の中からテーマに合わせて彫刻・素描作品40点余りを常時展
    示し、ブロンズ作品は直接触れて鑑賞できます。
    通常、美術館では作品保護の観点から作品に触ることができませんが、彫刻は触覚の
    芸術であると考えていた佐藤氏が、実際に触れて作品を鑑賞して欲しいと思っていた
    ことから、触って鑑賞できるようになっています。
    現在「触れることから始めよう」というテーマで開催されていて、27点の子どもや
    女性を主題とした作品を触って鑑賞できます。
    また、佐藤氏は、絵本「大きなかぶ」の挿絵を描いたことでも知られていて、「か
    ぶ」を抜いている場面をレリーフにした作品もあります。
    会期:4月10日(日)まで、午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
    休館日:月曜日(ただし3月21日は開館、翌22日は休館)
    入館料:一般1000円、高校生・大学生600円、中学生以下無料、障害者手帳提
    示で本人と付き添い者1名まで無料
    アクセス:JR琵琶湖線「守山駅」から近江鉄道バスまたはタクシーで約30分。J
    R湖西線「堅田駅」から江若交通バスまたはタクシーで約15分。
    問い合わせ先:佐川美術館(電話077-585-7800)
  53. お竜130 :
    触れるだけの視覚障害者用信号スイッチ
    ボタンを押さなくても、タッチパネルに触れるだけで歩行者信号が切り替わる視覚障
    害者専用のスイッチを全国で初めて警視庁が開発し、2月下旬から東京都内に順次設
    置されています。
    東京都盲人福祉協会も開発に協力していて、同協会の担当者は「タッチパネルが大き
    くて触れやすく、使いやすい」と話しています。
    2003年に導入された現行型には、「ボタンを押す力が弱くても確実に作動するよ
    うにして」といった要望がありました。
    新型の青と黄色の二つのパネルを備えたものは、青いパネルが視覚障害者専用。白杖
    を持つ視覚障害者を表現したピクトグラム(絵文字)が記され、上部に点字案内もあ
    ります。
    青色のタッチパネルに触れると、音声案内などが流れ、黄色のタッチパネルは一般用
    です。
    パネルに触れると「次の青信号までお待ちください」「信号が青になりました」など
    と日本語と英語の音声が流れる機能が新たに備わりました。
    これまで通り、信号が青の間は鳥のさえずりのメロディーが流れます。
    新型スイッチは、日本点字図書館前の横断歩道や都立葛飾盲学校前の横断歩道で運用
    を開始し、今後、都内で約2400カ所ある視覚障害者専用の信号スイッチが順次切
    り替えられます。
  54. まりも7321 :
    「奥秋曜子のフィッシュグリルプレート」
    この「フィッシュグリルプレート」は、電子レンジで魚が焼け、ほどよい焦げ目がつ
    く蓋付きのお皿です。外はパリパリ、中身はふっくらと焼き上がります。
    本体のプレートと蓋、鍋敷きがセットになっていて、プレートは長さ20センチぐら
    いまでの魚が載ります。
    ブリの切り身なら2枚、小ぶりのアジの開きなら2枚ぐらいが目安です。焦げ目はお
    皿に接した面だけにつきます。
    本体の色は濃い茶色で、食品とコントラストがはっきりします。
    プレートの表面には網目状の凹凸があり、余分な油や水分を逃がす構造になっていま
    す。
    基本の焼き方は、料理をする前にプレートだけを約5分間電子レンジで加熱してお
    き、この上に魚をのせて蓋をし、さらに電子レンジで加熱します。
    プレートだけを熱したときプレートは約200度近くの熱さになるので、必ずミトン
    をお使いください。
    税込み価格6265円。
    31種類のレシピが掲載されたレシピ集と取扱説明書の音声CDが付いていますの
    で、魚のほか鶏肉や豚肉を焼いたり、パエリア、やきそば、フレンチトーストなどに
    も挑戦してみてください。
    問い合わせ先:日本点字図書館わくわく用具ショップ(電話03-3209-075
    1)
  55. 茶トラのトラキチちゃん :
    視覚障害者将棋ファン向け「将棋倶楽部24」アプリ
    音声点字情報端末ブレイルセンスシリーズ用アプリ「将棋倶楽部24アクセス」は、
    日本最大のネット将棋道場「将棋倶楽部24」に、視覚に障害のある人も参加でき、
    日本や海外の将棋ファンと交流して将棋を楽しむことができるアプリです。
    コンピュータ将棋ソフトウェアのシリーズ・柿木将棋形式での入力で棋譜を入力して
    対局します。
    石川准静岡県立大学国際関係学部教授と有限会社エクストラが共同開発しました。開
    発に際しては公益社団法人日本将棋連盟が開発段階での技術提供や勝又六段によるア
    ドバイスを通じて協力しました。
    将棋倶楽部24アクセスにログインするにはアカウントが必要で、あらかじめIEな
    どの一般のブラウザを用いて登録作業を行う必要があります。
    アプリ詳細、対応機種、機能など詳しいことは、専用ページ「将棋倶楽部24アクセ
    ス」でご確認ください。
    専用ページ 
    http://www.extra.co.jp/sense/shogi24.html
  56. あき46494360 :
    「文字読み上げカメラ」アプリの公開について
    手元のチラシや商品ラベル、看板などの文字が読めます、聞こえます!
    Windows 10用のアプリケーションとして作成、公開しました。シャッターボタンを押すだけの
    簡単操作で読み上げまで進みます。
    日本語のほか、英語、フランス語、ドイツ語、
    ロシア語、中国語、韓国語にも一部対応しています。
    アプリの情報は、以下のサイトをご覧ください。
    http://www.imglab.org/p/grabnread/ja/
  57. ぱんだ5 :
    出版UD研究会第50回記念
    2015年12月13日(日)10:00~16:30
    「出版のユニバーサルデザインフォーラム2015―これまでの10年・これからの10年」
    主催:出版UD研究会、明治大学サービス創新研究所

    *日時:2015年12月13日(日)10:00~16:30
    *会場:明治大学グローバルフロント1階多目的室
    〒101-0062 千代田区神田駿河台2-1
    http://bit.ly/1LLisAP

    JR御茶ノ水駅御茶ノ水橋口改札から徒歩4分
    東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅2番出口から下車徒歩6分

    *参加費:1,000円
     参加者には、記念品として、『出版のユニバーサルデザインを考える―だれで
    も読める・楽しめる読書環境をめざして』(2006年発行。当研 究会第1回~第
    13回の内容を収録しています。テキストデータCDつき)を差し上げます。

    *定員:150名(予約申込制)
    →参加を希望される方は、以下のメールアドレス宛に、必要事項(お名前・あれ
    ば所属先か職業・メールアドレス・懇親会参加希望の有無)を書い てお申込み
    ください。
    ud50@ud-pub.org

  58. マロン犬 :
    「白杖SOSシグナル」
    「白杖SOSシグナル」のシンボルマークが、本日(10/15)、内閣府のホームページに「障害者マーク」の1つとして掲載されました。
    ○掲載ページ
    http://www8.cao.go.jp/shougai/mark/mark.html
  59. フルーツキャンディ :
    折り畳める風船型白杖
    折りたたむとポケットティッシュほどの大きさになり、室内での使用や緊急時にも便利そうです。
    ◎折り畳める風船型白杖 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
    http://www.yomiuri.co.jp/local/chiba/news/20150928-OYTNT50417.html
  60. kiki :
    アレルギー成分を含まない食品を、検索&購入できるサイト
    日々の食品選びに悩んでしまう、食物アレルギー持ちの方や食事制限中の方は少なくないのでは? そんな方に役立つWebサービスをご紹介します。

    食物アレルギーの方、食事制限中の方が食品を探して購入できる“クミタス”
    http://www.kumitasu.com/

  61. きゃら1172 :
    2015全国ロービジョンセミナーのご案内
    日本盲人職能開発センター主催による「2015全国ロービジョン(低視覚)セミナー」を7月25日(土)9時45分~16時 「戸山サンライズ」で開催いたします。
     今年度のテーマは「視覚障害者の「働く」は今 ~自立に向けたリハビリテーションと人の支えあい~」です。
     主なプログラムは、基調講演として「糖尿病よりおこる眼の病気と最新の治療法、
    ロービジョンケアを取り巻く問題点」(東京大学大学院医学系 研究科 准教授 医学博士 加藤聡氏)、「視覚障害者へのリハビリテーション - 糖尿病網膜症 -」
    (神奈川県総合リハビリテーションセンター 七沢更生ライトホーム 渡辺文治氏)、パネルディスカッション「視覚障害者の「働く」を考える -職場で直面する課題とその解決法-」(コーディネータ:障害者職業総合センター特別研究員 指田忠司氏)です。
     また、セミナーに並行してロービジョン機器等展示会を開催いたします。拡大読書器、弱視者用レンズ、パソコンソフト、便利グッズなど多数の企業や関連団体・施設による展示会です。
     セミナーへの参加費は無料です(昼食代1000円は当日受付時に支払い)。
     会場の戸山サンライズ(東京都新宿区1-22-1)への交通アクセスは地下鉄・東西線「早稲田駅」または大江戸線「若松河田駅」から徒歩約10分です。
     お申し込みはメールアドレス:
    lv2015@moushoku.sakura.ne.jp
    まで、件名を「セミナー申込書」とし、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話、所属、資料の種別(墨字・点字・電子データ)、介助者の有無、介助者名、昼食の要否(個数)を明記して7月8日(水)までにお申し込みください。
     なお、詳細なプログラム等については下記URLよりご覧いただけます。
     URL:
    http://www.os.rim.or.jp/~moushoku/lowvision/lowvision2015.html
     問い合わせ先:日本盲人職能開発センター
     〒160-0003 東京都新宿区本塩町10-3、電話03-3341-0900
     多くの皆様のご参加をお待ちしております。
  62. そら :
    いろポチ
    目の不自由な方にもファッションを楽しんでもらうために研究・開発された触感で色の識別ができるタグの「いろポチ」。
    いろいろな服に採用されることを願っています
    http://iropochi.com/
  63. miya-sakura :
    マイナンバー社会保障・税番号制度について、音声で聞けます
    音声で解説されているページです。
    順番にお聞きいただけます。
    マイナンバー社会保障・税番号制度
    http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/shikaku-onsei.html
  64. ムート1028 :
    卵の穴あけ器
    ゆでる前に小さな穴をあけるだけでゆで卵のカラがきれいにむけるすぐれもの!
    使い方は押すだけ。
    卵のとがったほうでなく、丸い方に穴をあけます。
    使わないときはロックできて、安心ですよ。
    100円均一で買いました♪
    製品情報
    http://www.echo-k.co.jp/search/details.html
  65. marine :
    第7回盲導犬宿泊体験会のご案内
    平成27年7月25日(土)10時~平成27年7月26日(日)12時頃まで(1泊2日)
    第7回盲導犬宿泊体験会のご案内
    中部盲導犬協会では、盲導犬に興味をお持ちの視覚障害の方を対象とした「宿泊型の
    体験会」を下記のとおり開催いたします。実際に盲導犬との歩行や日常の管理を通じ
    て、盲導犬との生活を体験していただく事を目的としています。 
    【日時】 平成27年7月25日(土)10時~平成27年7月26日(日)12時頃まで(1泊2日) 
     
    【会場・宿泊先】 社会福祉法人中部盲導犬協会 総合訓練センター
    名古屋市港区寛政町3-41-1  TEL:052-661-3111
    【参加対象者】 視覚障害による身体障害者手帳をお持ちの方で、盲導犬に興味のあ
    る方
    【募集人数】 4名
    【参加費】 食事代のみ(各自でのお支払い)
    ・交通費は参加される方の自己負担とさせていただきます。
    【体験内容】
    ・盲導犬との体験歩行
    ・盲導犬との生活の疑似体験
    (各居室にて盲導犬と一緒に過ごし、食事、排泄、手入れなどの日常の世話を行いま
    す。)
    ・盲導犬の貸与についてのご案内 他
    【申込締切日】 平成27年7月11日(土)
            *定員になり次第、締め切らせて頂きます。
    【申込方法】
    ・参加希望の方は、下記 [お申込・問い合わせ先] までご連絡下さい。
    ・メールの場合は、氏名・年齢・住所・電話番号をご明記下さい。
      ・ご来所に不安のある方は、名古屋駅での待ち合わせも可能です。
    ご希望の時間と場所をお知らせ下さい。
    ※ご不明な点がありましたら、いつでもお問い合わせください。
    【お申込・問い合わせ先】
    社会福祉法人 中部盲導犬協会
    担当:訓練指導部 齋藤
    TEL:052-661-3111  E-mail:
    m.saito@chubu-moudouken.jp
  66. うさぎ :
    デジタル文書のDAISY化:クラウド型音訳支援システム > 「DaisyRings(TM)」を用いて
    2015年3月16日(月)14:00~17:00
    ◇日本図書館研究会 第312回研究例会◇
    ●テーマ:「デジタル文書のDAISY化:クラウド型音訳支援システム
    「DaisyRings(TM)」を用いて
    ●発表者:沖田克夫氏(桃山学院大学兼任講師)
    最近、(株)東芝研究開発センターが音声合成を活用し、肉声朗読では難しかった文量の多い書籍や、専門性の高い書籍の音訳を支援するクラウド型音訳支援システム「DaisyRingsTM」を開発した。すべての人に情報と知識を保障するために
    朗読コンテンツを簡単に作成できるシステムとして期待できる。
     第312回研究例会では、「DaisyRingsTM」に実際に触れることを通じて、デジタル文書のDAISY化の最新状況を体験する。
    ●日時:2015年3月16日(月)14:00~17:00
    ●会場:大阪女学院大学4階407教室 (当日は南門からお入りください)
     〒540-0004 大阪市中央区玉造2-26-54
     JR環状線・地下鉄鶴見緑地線 「玉造」下車
    http://www.wilmina.ac.jp/ojc/access
    ●準備: 機材は大学のPC教室、素材は講師が提供します。
    参加者に持参いただきたいものは、いずれも必須ではありませんが、
    ①作品を持ち帰るためのUSBメモリ
    ②再生するためのiOSまたはAndroidの端末(注:大学の端末を借りることも可能です)
    ③ご希望でしたらご自分で用意した素材(業務用の案内や説明文書(図付き)、
    自作の絵本などのtxtファイルと画像ファイル)
    ●会員/非会員を問わず参加費無料、申込不要です。
    詳細:http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2014/312invit.html
    参考サイト:https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1402_01.htm(東芝DaisyRingsTM)
  67. ぎふと :
    ユニバーサロン 3Dマップ制作実演セミナー
    2015年3月9日(月)
    ◆3Dマップや触地図の制作手法を紹介
    http://mainichi.jp/universalon/news/20150209mog00m100002000c.html
  68. :
    快カット
    http://www.resharp.co.jp/fukusiyou.htm
    握力の弱った人や、疾患により手の拘縮や振戦のある人、視力障害のある人に、より安全にお使いいただけます。またグループホーム等での料理体験にも最適です
  69. さくら :
    平成26年度視覚障がい者向けIT講習会(オンラインデータベースコース、デイジー図書活用コース)のご案内
    2015年2月21日(月)~3月14日
  70. マウンテン :
    シーズ・ニーズマッチング交流会
    2015年3月6日(金)7日(土)
    障害当事者の方が抱えるニーズと機器開発企業が持つシーズを持ちより、新たな支援機器開発の機会を創出することを目的とするもの
    http://www.techno-aids.or.jp/
  71. 管理者 :
    皆様、どうぞ身近な情報をご投稿ください

ページ先頭へ